「遊び」と「学び」の融合

LEGO®SERIOUS PLAY® -レゴ®シリアスプレイ®-

テーマ:対話、コミュニティ、コミュニケーション

レゴ®シリアスプレイ®(LSP)とは、元デンマーク・レゴ社の教育事業部門開発責任者 ロバート・ラスムセン氏が2001年に開発した、レゴ・ブロックを活用して右脳(感性)を活性化させ、組織・チーム・個人のための思考コミュニケーション、問題解決のためのファシリテーションテクニックです。

ビジネス・組織開発・心理学および学習など広範な研究成果と「手による知識 (hand knowledge)」の概念に基づいて開発されたものです。

          from Rice University

ー  レゴ®シリアスプレイ®のポイント ー

思いを「見える化」する。

シリアスプレイは、遊びと学びの融合の中に、問題解決のプロセスを巧みにおり交ぜた、「新しい学びの道具」といえます。

大人でも子供でも、世代や上下関係を超えて、参加できるのが特徴です。

チームの個々人が、自分の考えを素直に表す、また、他のメンバーから、多角的な視点で自らの考えに啓発を受けるのが最初のステップです。

チーム全体が、このプロセスを共有することにより、個々人の考えを、次元の高い、ダイナミックな考えへ統合・昇華することができます。

これまでNASAを初め、戦略コンサルティング会社、シンクタンク、広告代理店、医療機器・製薬メーカー、エンジニアリング会社、商社、大学・大学院等において活用されてきました。

ー こんな時にレゴ®シリアスプレイ®は効果を発揮します ー

・参加者全員が話し合いに参加してもらいたい

・チームの理解を向上させたい

・話し合いの時間を効果的、効率的に使いたい

・参加者一人一人に楽しく学びや気づきを起こしていきたい

・建設的な雰囲気のなかで話し合いをしていきたい

・メンバーが、人を脅かすことなく自分たちも恐れることなく自分がどのように感じているかを口に出したいと思っているとき

・話し合いの場で、声が大きい人がその場を占領、支配している

 →さらには誰も攻撃することなくその慣習を打ち破りたい

・グループでの会議は時間の無駄だと考えている場合

・皆がやろう!と思える考えや解決策を見つけていきたい


ー レゴ®シリアスプレイ®の基本的な進め方 ー

Step 1

ファシリテーターからお題、テーマを参加者に投げかけます。

Step 2

参加者一人一人がお題に沿った作品を手を使って創ります。

Step 3

どのような作品を創ったか、ストーリーを語り、共有します。

Step 4

振り返りで内省しながら、新たな気づきやアクションを生み出していきます。


ー ワークショップ、研修メニューのご案内 ー

■「ビジョン・ミッション策定研修」

一人ひとりの個人ビジョンをLEGOを通して、みんなで共有し合い、そこから心から目指したい共有ビジョンを作っていきます。(共有ビジョンと、ビジョン共有は異なります。ビジョン共有は一部の人のビジョンを皆が理解しあい、共有することです。組織のメンバーへ押し付けたものとなる可能性があります)

■「チームビルディング・マインドセット研修」

参加者全員が参加し、チームならびにメンバー理解を高めていきます。参加メンバーのリソース、価値観は何かを改めて整理したり、共有してきます。

■「キャリアをデザインするためのワークショップ」

将来どうありたいのか、何を目指していきたいのかを、過去を振り返りながら整理していきます

 

ー ワークショップ、研修メニュー料金 ー(目安)

■研修・ワークショップ設計料

対象者10名〜15名:200,000〜300,000円 (終日:6 〜8h)

 

■公認ファシリテーター派遣料

1時間あたり15,000〜20,000円

 

■旅費・交通費

講師・スタッフ人数分の旅費交通費などの実費

 


※ご予算は研修・ワークショップ内容によって変動がございますので予めご了承ください。

※現状や問題によって、LEGO® SERIOUS PLAY®メソッド以外の解決策をご提案する場合もございます。

※研修、ワークショップ時間が2時間30分を下回る場合には、研修成果に影響が出ますのでお断りさせて頂く場合がございます。

※レゴブロック等の会場準備が必要なため、会場は研修の1時間前から使用させていただきます。

ー 事例紹介 ー

■特定非営利法人バーンロムサイジャパン 様

レゴ®シリアスプレイ®メソッドを活用したミッション・ビジョンづくりワークショップを開催

 

NPO法人 THOUSAND-PORTの鈴木さんと協働で実施をいたしました。

詳細はこちらから(THOUSAND-PORTさんのホームページにいきます)

レゴブロックを使ったまちづくり

レゴ®シリアスプレイ®の手法を使って、子どもたちで理想のまちをつくるイベントを開催

 

\開催実績/

キッズ・カーニバルkoganei2014

みらまち2016

■レゴシリアスプレイのメソッドを活用したキャリアを考えるWS

レゴ®シリアスプレイ®のメソッドを活用し、これからの理想のキャリアを見える化するワークショップを開催

ー 研修・ワークショップを実施するまでの手順 ー

① お申し込み

お問い合わせフォームよりお申し込みください。

体験デモも行っておりますので、お気軽にご連絡ください。ご質問なども受け付けております。

 

② 体験デモならびに現状や課題のヒアリング

実際に体験をして頂いたり、今どんな悩みがあるのか?またその悩みの種になっているのは何なのか?など、プログラムを設計するために、ヒアリングをさせていただきます。 

 

③ プログラムのご提案

研修の目的やご参加人数や時間に応じて、プログラムをご提案させていただきます。

 

 


④研修・ ワークショップの実施

レゴ®シリアスプレイ®認定のLSPファシリテーターが場を進めていきます。

 与えられた問いに対して「つくって」「語って」「ふりかえる」プロセスの中で 対話を進めていきます。

 

⑤ フォローアップ

その場だけで終わってしまうのではなく、アクションプランや得られた学びを日々の業務に活かしていくことが大切です。

※ご契約内容によります。

 


ー ファシリテーター紹介 ー


小笠原 祐司 / Ogasawara Yuji

 特定非営利活動法人bond place 代表理事  

 


ー お問い合わせ ー

レゴ®シリアスプレイ®を用いた研修・ワークショップのご依頼や内容に関するご質問は、こちらからお問い合わせください。

 

メモ: * は入力必須項目です

NPO法人 bond place

〒400-0048 山梨県甲府市貢川本町7-24-101 

E-mail:info@bondplace.org